2014/07/29

ヨンヒャク

絶版車となって久しい XJR400R

コンディションの良い車両を試運転させていただきました。

Cimg0535
今 「4気筒 ヨンヒャクに乗りたい」 と節に希望する人がどのくらいいるのか

私にはわかりませんが 

これから新車で買うなら ホンダしか有りません


私自身の好みではあるのですが オーバーリッタークラスの4気筒モデルでも

好きな度合いの順位というのは ある程度ありまして


楽しく走らせるのにちょっと苦労するのも有るわけです。

Cimg0534
そこで この空冷4発の絶版車はどうなのかと言うと

テイスト云々ではなくて 能力を引き出そうとすると これはもう途端におもしろくなってきます。

排気量が大きくないので 各パーツも小さいからなのか どの運転操作についても軽いし スロットルのONとOFFのギクシャクも少ないので

車体がバンクしたままでの あれやこれや、いろんな操作がやりやすい

バイクデビューがリッターバイクで そのパワーに手を焼いている人なら 「ヨンヒャクは軽くてパワーもそこそこだから 振り回せて使いきれる楽しみがありそう…」 と よく言われますが 

たしかにそんな予感がするのは事実 でも それはサイズが小さくなったからと言う カンタンなハナシではないから できるかどうかは別です。 

そうは言っても体力的問題がないかぎり 大型バイクから 中型バイクにスイッチするひとは あまりいらっしゃらないのです。

バイクに限っては 「小は大を兼ねる」ことが多くあるんだな~

と いつも思い知らされているので 他のメーカーがこのカテゴリーから手を引いてしまっているのは 残念でなりません

Cimg0542
ボクが高校生のときに 全てを注ぎ込んだけど手に負えていなかった 「ヨンヒャク」

もっと注目していただきたいデス。

2014/07/28

ステムベアリング

DUCATI 900MHR ステムベアリングの交換

年代やタイプにかかわらず 二輪車である以上 ここのコンディションは重要項目ですね


Cimg0493
ベアリングを抜いてみると それほど傷んではいませんでした

たしか当時は 上下ともに テーパーローラーベアリングなんてバイク あまり多くなかったような気がします

せっかく ここまでバラしているので もうひと手間
Cimg0507

塗装は専門ではありませんが 下地処理と塗料と完全硬化

ここはしっかりと押さえてます。
Cimg0520

Cimg0533

先日のスイングアームピボットの見直しと ステムベアリングの交換で

ハンドリングの最適化が進むといいですね いや 間違いありません (^-^)


名車には生き続けてほしいものです。

2014/07/27

お疲れさん

今朝 9時半過ぎに お客さんからメールが届いていて

早起きで出かけたみたいです。

Img_1671
ありゃ~ やってしまいましたね    ここ 「指宿」でしょ?

もちろん 日帰り♪


ボクも一度 砂に埋めてもらいたくて その機会をうかがってはいるのですが

未だ実現できず…

行きと帰りと 同じ道をなぞって帰ってくることは まず有り得ない人物なので

帰り道は きっとタフなルートになるのは必至


「パンクした」とかのトラブルが無ければいいなと思いながら一日を過ごしていると 20時過ぎに来店

Cimg0498
九州道で下り 反時計回りで東側を上ってきたそうで 途中の道路事情や

高速道路のつながり具合を報告してもらいました。

Cimg0500
次回の クロキライディングの「タフツーリング」 大いに参考にさせていただきます。

Cimg0501
メッツラーKAROO 3もこんなに角がとれてしまいましたね

Cimg0504
やっぱ独りだと 「食わんよねエ~」と意見は一致

Cimg0505
今日一日で ほぼ1000km 

「ロングツーリング」について トイレが近いかどうかにまでハナシがおよび

どうして こんなキツイことするのか 自分も含めて 不思議です。

2014/07/26

最短

普段の作業はなかなか予定どおりと思い通りに行かないことも多くて

遅い時間に お店の電気が点いていることは珍しくないのです。

そうしていると 夜遅くに仕事帰りらしい原付バイクが持ち込まれることが少なくありません。
Cimg0479_2

居残りでズルズルと作業に見切りがつけられないでいるわけですから 

急にかけ込まれたバイクに方向転換する余裕など 一切ないところです

しかし お客さんの困っている事情もわかるし なんとかできればいいとは思うのですが…

こんな時は まずコチラの状況を説明したうえで 「15分だけ」 などと

時間を決めて故障探求及び修理をして それで解決しなければお預かり

または 預かりスペースがなければ出直し という条件を了承いただいて先へ進みます。

ここでは セオリーどおりと言う診かたは敢えてせず

不調の始まりから今に至るまでのお話しを伺い

バイクの外観の様子などから これまでに得た 「勘」 で診ていきます。

Cimg0477
エアクリーナーが崩壊し 吸い込んじゃってました



べつにたいしたファインプレーでもないのですけど 勘があたると ホント嬉しい

まあ 外してしまうと 修理は遠回りってことになりますから

本当はこんなことではいけないのです。


そんなこと言っていて より深い時間にはこんなことも

Cimg0483
GSの洗車&磨き 四国ツーリングから帰ってきてそのままだったので

気になって気になって…

この後 完全乾燥のため 深夜の市街地をひとっ走り

涼しくて気持ち良くて やめられませんね (^_^;)










2014/07/25

沈下橋

このツーリングで どうしても訪れておきたかった 「沈下橋」

そのために 四万十川の下流域まで足を伸ばしてきたわけです

Cimg0395


遠くにかすんで見えるのが 足摺岬だと思うのですが 今回は諦めますが

次回 泊まりで来たときは必ず…

Cimg0400
そして 四万十川

河口付近から遡ると その広い川幅にかかる 欄干のない沈下橋

ここは 最も長くて有名な 「佐田沈下橋」

Cimg0406
増水時には水面下に沈んでしまうこの橋を見たくて ちょっと無理してやってきました。

Cimg0429
そしてこちらは 「岩間沈下橋」

四万十川を遡るルートですから この後も 川幅が少しずつ狭くなっていくにつれ 沈下橋の長さも短くなっていき 

Cimg0444
良いペースで走れる 川沿いルートから見えてくる 

さまざまなカタチの沈下橋を見ることができます。


しかし もうこの地点で日が傾きはじめているわけだから

いちいち停まって 「ほぇ~」なんて言ってる時間は残ってなんかいません

川沿いをハイペースで淡々と ひた走り

Cimg0450
宇和島から高速道路に乗り 佐多岬の手前の三崎港のフェリー乗を目指します

途中 予約の電話をしてみると バイクと自転車は予約を受け付けず

先着8台なんて… 不安だけど コチラはもう後には引けない地点にいます

もう行くしかないです 

八幡浜から佐多岬の方向に進む頃には もう完全に暗くなっていて

この高いところから 佐多岬に行くまでの絶景が拝めなかったのも激しく心残り

Cimg0457
20:30の便の先頭に間に合いました

Cimg0463
あまり大きくは無いけれど 新しくて居心地のよい船内で 70分の休息

そろそろツーリングも終わるか みたいな気分ですが フェリーが着く対岸は

大分県の佐賀関港


今回のツーリングで最もタフだったのが この区間

その後の画像が無いのは そのせいです。

クロキライディング着は 午前1:30

全行程の走行距離は 730km

この二つを見ると ルートと時間配分は失格です

まあ ソロツーリングならばこそですね 

同伴者は完全に自発的および自己責任を了解したうえで 勝手に楽しんでいたわけですからね (^_^;)











2014/07/24

四国カルスト

山口県民ですから カルストといえば 「秋吉台」 で育ってきているわけで

他県のカルストに対し あまり期待していなかったので

今回はどうしようかと 当所迷いましたが ルートの都合上

石鎚山から無理なく行けそうだったので 軽く通過するつもりで行ってみました。

Cimg0358
ところが 一旦下った所から 再び昇り続け

肌寒く感じられるようになった頃 急に視界が開けて現れた

カルストの大地 

Cimg0361

これはかなりの高地にあるカルストなんですね

遠くの低い土地まで見渡せるので とにかく高さを感じます

Cimg0368
通過するにはもったいなくて

Cimg0372
何度も何度も停まって 景色を眺めたくなる 絶景でした。


ここからは 四万十を目指します

しかし そこからの国道が なかなかの酷道で 大幅に時間ロス

Cimg0380

この時点で 足摺岬まで下るのは あっさりとパスしました。

Cimg0381
遅れに遅れて ようやくありついた カツオのたたき

Cimg0383
もちろん 刺身でも…

ゆっくり味わう間もなく 次の目的地へ向かいます

Cimg0388





2014/07/23

四国ツーリング

 

21日は お休みをいただいて 

かねがね 足を踏み入れたいと思っていた 「四国」

今年の夏休みには 数日をかけて巡ることにしていますが

その前に 一度 行っておきたかったのです

Cimg0295
お店を定刻に閉め 小倉-松山フェリーの乗り場へ急行

Cimg0310
バイクでフェリーなんてのはもう すごく久しぶり

そわそわして落ち着きませんが 今朝は5時起きで 早朝ツーリングだったので

とにかく早く 眠りにつくこと…ですよね

Cimg0315
そして 人生初上陸の 四国松山を5時過ぎに出発しました。


Cimg0318
行きたい所を巡るには かなりムリのある行程ですから

ここはいきなり 「松山道」で東へ

「いよ西条」ICで高速を降り そこからは「石鎚スカイライン」を目指し

ぐんぐんと上昇

Cimg0324
あれよあれよ言う間に 標高1000m越え

Cimg0329
雲に隠れる 天空の道を撮影するため スロットルから手を離すと

もうアイドリングできないほどの 気圧の変化です

Cimg0336
わかっただけでも 標高1600m越えてました (どうりで雲が下)

Cimg0337
素晴しい 絶景で このツーリングはスタートしました

Cimg0349
でも どこへ行っても ゆっくりはしていられません
先へ進むのみです (笑)


2014/07/20

お知らせ

早朝の農道 空気も冷んやりとしていて爽快です

Cimg0251
ほどよいペースで旋回と加速の繰り返し

何度やったことか… それでも飽きませんね

後の人達も まったく同じ…か それ以上

Cimg0261


まだ 人もまばらな 「千畳敷」

Cimg0268

高いところはさらに 涼しいです 


Cimg0282
今回も 鹿の群れと遭遇しまして はびこった雑草により

「局部のワインディング」はさらに ブラインド化

安全マージンをさらに拡大しないといけませんね。




明日 21日は臨時休業させていただきます
お待ちのお客様 まことに申し訳ございません。

2014/07/19

夏の早朝

明日の早朝ツーリング 開催します。

お店6:00 菊川セブンイレブン6:30 出発です

久しぶりに しっかりと走れそうですね これは…(^-^)

皆様 よろしくお願いします。

準備

臨時休業を何時にしようかと 作業予定をにらみつつ 一応 いつでも出発できるように バイクの準備だけはやっておきましょう。


Cimg0219
R100GSに使用しているのは WAKO’Sのタフツーリング 25W-50

クリアランスが大きく オイルの消費も多いエンジンですから そちら向きであることと あとは好み…ですかね

低温ではかなり粘度の高いオイルで それでなくてもアイドリングが安定するまで 時間のかかるエンジンなんですが 

そもそも暖機運転を済ませてから走り出すというつもりは 毛頭ないわけで
エンジン始動後 すみやかに滑らかにスタートし 走りながら暖機していくのが
ベターな使い方 ではないかと思います。

で、今回は2000kmでの交換となりました。

Cimg0220

最近 ツーリングの準備と言えば 必ずこのような物を移動したり加工したりしているような気がします。


Cimg0221
3段階と 大雑把なプリロードアジャスターは人と積載量 そしてバイクの姿勢を変えたいときに 気分と好みで変更

Cimg0222
GSのスタンダードリヤショックには 10段階のダンピングアジャスターなんかも装備されていて 両方とも出先でカンタンにアジャスト可能

それほど緻密で高性能ではないのですが 感覚が変わらないうちに変化を楽しめるのはいいことです。




そう言えば SP-Ⅱ装着以来 まともに走っていませんでした(忙しくて)

Cimg0238

Cimg0237

給油と試運転のため 大正庵まで飛ばして 「そば弁当のカツカレー丼」を…

仕事そっちのけのように見えますが そんな事はありません 

Cimg0239
お天気も良さそうです いつ行けるんでしょうかね (^_^;)