2014/04/24

予定外

永い間 バイクを触っていると ネジの折れ込みや アタマをなめることは珍しくありません。

そのまま回そうとすると 折れるなめるであろうネジは 手を掛けると判りますから

そこからは一気にエマージェンシーモードに切り替わります。

温めたり ショックを加えたり 場所やボルトのタイプによって

後悔の無いよう やれることは全て総動員なんですが

絶対に折れる(しかない)ケースもあるわけで そのくじを引かされること

もう数え切れないほど…

今回は クラッチフルードの交換程度の作業ではあったのですが

作業の序盤で フルードを抜くところブリードスクリューの さらに外のキャップとなる ボルト

Cimg8200

永く触れられていなかったのか 何をやってもダメ

これはアタマを舐めると確信したのが やっぱり夜 (T_T)

翌日 作業を出直しするほうが 絶対無難なんですが 

なかなかそれができないので とことん没頭することになってしまいました

まるで堕ちていくみたいな感覚 (笑)

Cimg8199
それでも イメージどおりに抜き取ることができて

Cimg8202
視界ゼロだったフルードを仇のように抜き替えて

Cimg8205
これでスッキリしました

作業をそのまま進めて スッキリして深い時間に帰るか

翌日に持ち越し 悶々とした気持ちで ちょっとくらい早く帰宅するか

どちらが健康的なのだろうか…

2014/04/23

マスターシリンダー

おおむね ブレーキの 「引きずり」が気になってくるとキャリパーのオーバーホールを実施していますが

ブレーキレバーの操作に違和感が発生すると マスターシリンダーをオーバーホールすることになります。

Cimg8161
マスターシリンダーボディと レバーに押されスライドするピストンの関係が悪化し

摩擦を生じて まずは緩制動のときに不具合を感じはじめます。じわっと握るとレバーにきしみ感が発生


私 この部分にはうるさいし敏感ですから たいてい こちらで気付いて オーナーさんにお伝えすることが多いのですが 

練習熱心な こちらの大学生さんは 自分で気付いて訴えてこられます

Cimg8160
ピストンのラバーカップより外 ダストブーツより内側

このわずかなエリアが肝 完璧に磨いて新品のインナーキットを組み込んで完了


これで バンク中のブレーキ入力も さらに深く介入できますね

Cimg8162
あ いや 先ずはココでしょう (順番 逆…)

2014/04/22

機械的

XLR250Rのキャブレター

Cimg8118
シンプルなようで じつは複雑…ですかね

Cimg8136
現行 FI車では人による操作不要の「チョーク」

チョークバルブ(扉)を閉じて 空気の吸入を制限し 相対的にガソリンを多く吸わせ 混合気を濃くするなんて

まるで自動車整備学校の教科書にでてくるような原始的構造 (笑)

一方で チョークバルブのリンクと連動でスロットルバルブを極僅かに持ち上げ

暖機の間 アイドリングを少し高める細かな動作も見られ

Cimg8134
組み立てながら 各部作動をこの目で確認しながら進めていけるので

堅実に作業できます。

Cimg8121
装着前にできるテストは全部やっておかないと

眠っていた 加速ポンプ ピュ~っと回復

Cimg8139
スロットルグリップからケーブル そしてスロットルバルブまで ロスがでないように全域潤滑

Cimg8142
そして試運転   過去は FCR装着が最後だったので

それから7年ぶりくらいにはなります。

Cimg8153
スロットルの重さ(軽さではなく)も正常に回復しています

250の重さは許せるけど XR400と600ではさらに張り付くので

タイトコーナーではリヤブレーキを引きずるのは必須だと思いますが

そちらは海外向け 大陸の荒野をぶっ飛ばすには何の問題もなかったんだと想います。


2014/04/21

予報

ツーリングの開催を見合わせる予報だったわりには あまり雨も降らずCimg8170
午後からは時折り日差しもあって

なんだか諦めの悪い日曜日となりました。

こんな日は 敢えて作業に没頭するしかありませんね

Cimg8166
BMW R1100S  購入時 すでに付いていたらしい「イモビアラーム」の撤去

どんなのがどこに付いていたかはお見せできませんが(セキュリティですから)

これが けっこうな手間です。

Cimg8174
外装&FUELタンク脱着のこのときに 一緒にできる作業も…

Cimg8176
ってことで ETC装着  最近発売された アンテナ別体型の新機種

アンテナが見えていてもよければ(インジケーター共用のため) シンプルでお手頃なセットです。

Cimg8177
ここまでやるなら 履歴不明のフルードの交換も(フルードの色からして長期滞在のはず)

Cimg8180
前後と上下 全て交換  これですっきりするわけですが 

こちらもフルード交換作業としてはちょっと手間です


これら 気持ちよく走っている(今頃は)自分のイメージを払拭するに十分な作業内容で

仕事もかなり進みました。


来週末の予報が またしても雨になっているのには気落ちしますが

「延期のおかげで 参加できることになったよ」って人 お待ちしています。

2014/04/19

延期

明日 20日の国東半島ツーリングは雨天予報のため

来週27日に延期します。

なにかとイベントの多いこの時期ではありますが ご参加いただける皆様

スケジュールの調整をヨロシクお願い致します。

Cimg7836
ん~ もうなんとかして行きたい (-_-;)


そして次回の 自動車学校コースの練習会開催も決定しております

5月18日(日) 9:00受付 でございます。

流行 (^_^;)

インナーサンバイザー内臓のヘルメット とても評判が良くて よく売れているそうですね。

当店でも 去年あたりからお買い上げいただくのは ほとんどがこのタイプ

中でも人気は この 「SHOEI Jクルーズ」

Cimg8140

Cimg8141
グローブのままで瞬時に開閉できる機能は期待のイメージどおりで
ヘルメットの新時代を実感できのは間違いありません。

内装脱着が可能で外して洗える機能が登場して依頼の  革新的な機能だと思います。

Cimg3085

この機能を採用するメーカーも増えてきて 各社のラインナップもさらに充実


Cimg3088
耳のところの内装を一部取り外すと

Cimg3087
このように インカムのスピーカー収納スペースがもともと仕組んであることと

Cimg4728
非常に精度の高い 「ピンロックシート」を重ねることにより 

ペアガラスの原理で シールドが曇らなくなったこと

この二つは 私的に劇的注目するところで その恩恵も大きい

次に購入するヘルメットは まずこの2点を重視すると思いますね…間違いなく

2014/04/18

サイズダウン

CB1300SF SC40型 キャブレター車

スタンダードサイズでは フロント120/70-ZR17  リヤ190/60-ZR17

〔PROJECT BIG-1〕の基本思想ということらしく

「ビッグバイクならではの、堂々としたライディングポジションと迫力に満ちたボリューム感の感動 」 といったコンセプトがこのタイヤサイズ設定に現れているようです。



Cimg8064

Cimg8062

今回は ミシュラン パイロットロード2 へ交換

Cimg8061_2
フロント120/70-ZR17は同じですが リヤは180/55ーZR17と 標準サイズよりも大幅にサイズダウンしていまして

それでなくても軽快なハンドリングのロード2だけに サイズ変更も伴って ハンドリングは激変

相対的にちょっと過敏に感じるほどですね

細ければよいというわけではありませんが 私はコチラのほうが好きです


このバイクで同様にサイズダウンされているのが多いのは サイズによるタイヤ選択肢の少なさだけではないようです… たぶん

 

2014/04/17

スマートカードキー

あまり多くはいらっしゃらない ビッグスクーターのユーザー様のひとり

久しぶりにタイヤ交換のご依頼をいただき 作業日程を合わせてもらって

お客さん 店内待ちでの作業となりました。

交換後 ちょっと気になるところもあったので 店舗裏の駐車場で クルクルと試運転   異常ナシを確認後 エンジンをかけたままオーナーさんにバトンタッチ

流れるようにライダー交代を済ませ 見送った後…

Cimg8082
作業服のポケットにこんなものが

やってしまいました 「カードキー」 渡してません


オーナーさん 次にエンジン止めて再始動するまで たぶん気付きませんね

「新品タイヤ 滑るから気をつけて」と言った後 

たしか「タイヤのナラシをして帰ろう」と仰ってましたから

すぐには停まることは無さそう

もう連絡を待つしかありません。



しばらくたって あせって電話をかけてこられたところが お店から20km強の田園地帯


次のお客さんの来店まで時間の余裕はありません 
ちょうど できるだけ長い距離を走って確かめる案件のバイクがそばにあったので 迷わず活用させていただきました。

Cimg8085
軽トラの倍近い排気量のビッグパワーのおかげで 時間短縮できます

そして到着  のどかな田園地帯にポツンとあるケーキ屋さんで スイーツを購入するところだったみたい。

ボクも買いたかったけど… 軽トラで来ればよかったナ

Cimg8094

 

せめてこのトップケースのキーだけでも預かっていれば…

なんて 時間をロスしたことより テレビなんかで紹介されたこともあるらしい(スクーターのオーナーさん曰く) スイーツを買えなかったのが残念

次の試運転は ちょっとだけ足を伸ばしますかね (^_^;)

積載スペースの有るバイク 来てください

 

2014/04/16

開店時間

今日は ちょっとした講習を受けるため朝から山口陸運支局まで外出していました 

午後からの研修のためにお店を開けたり閉めたりするのもムダなので お店は開けずに出かけています。

午前中は 車検切れのままになっていた R100GSの継続検査とその他の手続きを済ませ
Cimg8057
時間があったので お客さんのブログで紹介されていたお店に行ってみることに

山口県立美術館の目の前にある 「レストラン シェフ」

Cimg8048
陸運支局にはしょっちゅう来ていますが いつもとんぼ返りなので

ここまでが なかなか遠くて…

Cimg8045
清潔な店内の壁には やっぱり…

シェフがバイク乗りであることは明らか
Cimg8044
おすすめランチをいただきながら ご挨拶を

Cimg8046
セットのデザートが出てくる頃には 常連とおぼしきご婦人のグループのご来店もあり これからお昼の忙しい時間となるようですね

手作りのお料理 美味しくいただきました
いや 久しぶりの贅沢な時間と食事でしたね

仕事中に来るのは ちょっともったいないカンジ(笑)



全ての用事を済ませ 店に戻って 開店したのが17:00

シャッターに貼紙するのを忘れたので 

空振りのお客さん スミマセンでした。

2014/04/15

ツーリングマップル

3年ぶりの地図購入です。
Cimg8042
これからもツーリングに行く気 満々ですからね

今週末4月20日 国東ツーリングの次は GWの島根一泊ツーリング

こちらは毎年春の恒例 いつもの山口県内を離れ広島&島根の中国山脈をナナメに走る ワインディング三昧(走りのステージとしては 九州の九重や阿蘇に負けない いやそれ以上かも…) の2日間

そして5月の後半には 昨年秋以来の「クロキライディング タフツーリング」を計画中 

昨年の 五木~人吉~椎葉~諸塚…の日帰りツーリングのようなタフなツーリングを 今回は山陰方面に向け敢行しようと思います。

日帰り「蒜山&大山ツーリング」ということになりますかね 走行距離800km超えは間違えありません (笑)

バイクのポテンシャル ライディングギヤ ライディングスタイル…いろいろ考えさせられるツーリング        終わった後 また行きたいと思えるのか? なんて…(^_^;)

興味のある方 または「お好きな方」 まずはお問い合わせください。